設定狙いと天井狙い、本当に勝てるのはどっち?初心者にオススメの戦略は○○狙い!

こんにちは、ゆとりーまんyukiです^^

パチスロで稼ぐには【高設定狙い】と【天井狙い】という2つの戦略があります。

「高設定?天井?なんだそれ?」

という方はこちらの記事を先に読んでくださいね^^
パチスロで勝つため2大戦略!期待値がプラスの台を狙うための具体的な方法とは?

この2つの戦略のうち、本当に勝てるのはどちらでしょうか?
特に初心者の人は○○狙いがオススメです。(目次でネタバレしてますが笑)

ブログ村ランキング参加中
応援クリックお願いします!
にほんブログ村 小遣いブログ 副業・副収入へ

高設定狙いは上級者向き

ほとんどの台は設定3(または設定4)以上から機械割が100%を超えます。

ということは

「設定3以上の台を探して打つだけで勝てる!」
「パチスロ簡単だ!!」

ということになりますが、そんなわけありません!
僕は一時そう思ってましたが(笑)

オーソドックスな戦略とはいえ、高設定狙いは難しいです。(特に初心者にとっては)

高設定など存在しない

パチンコ店にあるほとんどの台が設定1や設定2といった低設定です。(ほとんどが設定1)
これは全国どこの店舗でも同じで、お店よっては全台設定1というお店もあります。

もし、あなたが行ったお店の台が全台設定1だとしたら?

残念ながら、その時点で高設定狙い終了です(笑)
存在しないものを探しても見つかるはずがないので。

「なんでそんなに低設定ばかりなの?」

と思うかもしれませんが、よく考えてみると当然のことだったりします。

パチンコ屋を運営しているのは民間企業(国や自治体ではない)です。
企業として存続するためには、従業員に対してお給料を払う(人件費)、新しい台を買う(設備投資)、土地・電気代を払う(経費)必要があり、そのためにはお金が必要です。

「じゃあそのお金はどこから?」

もうお分りかもしれませんが、パチンコ屋はそのお金を客から回収しています。
客からお金を回収するためには、客が”負ける”ように設定を調整する必要があります。
なので、パチンコ屋はもっともお金が回収できる(=1番機械割が低い)設定1を多く使用するのです。

定期的に高設定を入れて集客するお店もありますが(いつも設定1では客離れが起きるので)、基本的には高設定など存在しないと思っておいたほうがいいです。

僕たちは設定を確認できない

たとえパチスロ歴10年のベテランでも、パチプロ(パチスロの稼ぎだけで生活している人)でも、目の前にある台の設定がわかるという人は存在しません。

設定を確認するには、パチスロ台の扉を開ける必要があります。
扉を開けられるのはパチンコの従業員だけ。
つまり、僕たち(客)は設定を確認することができないのです

設定確定演出(液晶画面にこの演出が出れば設定6が確定!など)が存在するので、100%確認できないというわけではありません。
しかし、1日中打っても出るか出ないかといった確率だったり、そもそも設定確定演出が存在しないという台も多いのであまり現実的ではないです。

僕たちにできるのは、打ちながら設定を推測することのみ。

自分、あるいは他人が打った結果(データ)を元にして

「この台は設定1では20%しか当たらないが、設定6なら80%で当たる」
「今のところ80%くらい当たってるから、この台の設定は6だな!」

という感じで設定を推測するしかありません。

しかし、パチスロで稼ぐために必要なたった1つの考え方とは?でサイコロに例えて紹介した通り、試行回数が少ないと確率通りにならないこともあります。

上の例でいうと、少ない試行回数(回転数)では設定1でも設定6と同じ80%で当たることがありえるということです。
つまり、設定1が設定6に見えるのです

これは大きな罠です。

【設定6を打っているつもりが、実は設定1だった】

となると、機械割100%未満(=期待値マイナス)の台を打っていることになるので、打ち続ければ当然負けます。(先ほどの設定1なのに80%の例も、回せば回すほど設定通りの数値(20%)に近づいていき、最終的には負けます)

このパターンで負けている人は非常に多く、初心者は特に注意する必要があります。

資金力が必要

高設定狙いは天井狙いと比べ、多くの資金が必要になる可能性があります。

ざっくり言うと
高設定とは”当たりやすい”設定のことです。
言い換えると、なかなか当たらない可能性もあるということです。(これは必ず当たる天井とは大きく異なる)

たとえば、
あなたが高設定(80%の確率で当たる)の台に座ったとします。
80%という確率で当たるとはいえ、運悪く20%のハズレを連続で引いてしまう可能性もあります。

当たらないということはメダルが出ないということなので、当たるまで(80%を引くまで)はひたすら投資を続ける必要があります。
つまり、投資がいくらかかるかわからないのです。

いくら高設定を打てたとしても(確率通りに)当たる前に資金が無くなってしまったらどうしようもありません

なので、高設定狙いをする場合は、ある程度の資金力も必要となるのです。

オススメは天井狙い

というわけで初心者の高設定狙いはあまりオススメしません^^;
もちろん、慣れてきたら高設定狙いにチャレンジしてもいいですし、場合によっては天井狙いよりも効率よく稼げるかもしれません。

僕のオススメは天井狙い!

長くなってしまったので、
なぜ天井狙いがオススメなのか?
については別の記事にしますね^^

ブログ村ランキング参加中
応援クリックお願いします!
にほんブログ村 小遣いブログ 副業・副収入へ

最近、稼働中はコレで勉強してます

スロット以外の副業についてはコレで勉強してます。

音声版なら聞き流すだけでOKなので、スロット打ちながら音楽代わりに聴くだけで勉強できて便利(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です