なぜサラリーマンには”副業で稼ぐ”という選択肢がないのか?

こんにちは、ゆとりーまんyukiです^^

もし友達に

「月収を10万円増やすにはどうしたらいい?」

と言われたとしたら、あなたはなんと答えますか?

今回は
なぜサラリーマンには”副業で稼ぐ”という選択肢がないのか?
というテーマでお話していきたいと思います。

ブログ村ランキング参加中
応援クリックお願いします!
にほんブログ村 小遣いブログ 副業・副収入へ

なぜ”副業で稼ぐ”という選択肢がないのか?

冒頭の質問の答え、
数年前の真面目なサラリーマン時代の僕ならこう答えます。

「頑張って働いて出世すればいいんじゃない?」

なんて冷たい答えなんだ!ってのはおいといて。笑
ほとんどの人が真っ先に思いつくのは、”出世して給料を上げる”という方法だと思います。
でも、それってめちゃくちゃ時間かかりますよね。
お客さんや上司や同僚に気を使い、時には怒られ、それでも毎日朝から晩まで必死で働いて。
そんな生活を何年も続けた先にあるのが”出世”です。

僕も入社してから毎年昇給、今年は運良く”昇級”(つまり出世)しましたが、それでも入社時の月収から10万も上がっていません(T_T)

”月収を10万円増やす”ということを目的とした場合、”出世”という方法はめちゃくちゃ効率が悪い!

ということはあなたも理解しているのではないでしょうか。

にもかかわらず、
なぜ、”副業で10万稼ぐ”という選択肢が出てこないのでしょうか?
それには大きく分けて2つの理由があると思います。

”何があるのか”を知らない

まず第一の理由は、どんな副業が存在するのかを知らないということです。

なんでもいいから副業を10種類以上言ってみてください!
と言われてパッと言えますか?
誰でも思い浮かぶのはコンビニや居酒屋の”アルバイト”や、”株”や”FX”といった投資系あたりかなと思います。
流行に敏感な人なら、ビットコインなどの”仮想通貨”なんかも思いつくかもしれませんね。

でも他にも知られていない副業っていっぱいあるんです。

例えば、フリマアプリを利用した不要品転売。
”メルカリ”や”ラクマ”といったアプリが有名ですね。
「もういらないけど、捨てるのはもったいない。安くても売れたら嬉しいな!」
くらいの感覚で出品している人がほとんどですが、中には月に1万円〜20万程度の利益を出している人もいます。
ここまでやればもう立派な副業ですよね。

あとは、僕がオススメしているパチスロ。
実は仕組みを理解し、あるポイントを意識して打つだけで安定して稼げるのですが(もちろん違法行為などではなく)
一般的には”勝ったり負けたりするギャンブル”っていう認識ですよね。
だからパチスロが副業になるなんて知らない人が多いと思います。

見たことも聞いたこともないことはが選択肢として出てこないのは当然ですよね。
このように”稼ぐための手段(副業)を知らないこと”が第一の理由です。

”やり方”を知らない

第二の理由は”やり方”を知らないということです。
これが一番の理由なのでは?と思います。

「○○で稼いでいる人を知っている」
「○○が副業になるとテレビやネットで聞いた」

じゃあその副業で実際に稼ぐためには、何をどうすればよいかわかりますか?

例えば、先ほど紹介した”メルカリ”を利用した不要品転売。
僕もメルカリは知っているし、メルカリで稼いでいる人がいることも知っていました。
でも、じゃあどうやって?の部分は知りませんでした。

「メルカリで稼いでいる人がいることは知っている」
「でもどうやって稼いでいるのかわからない」

こんな状態では友達に紹介なんてできないし、選択肢として浮かばないのも当然ですよね。

”副業”を選択肢にするためには

”月収を10万円増やす”ということを考えた時、
副業という選択肢が浮かばないのは

「どんな副業があるのか知らないから」

または

「どうやれば稼げるのか知らないから」

ですよね。

ということは、”どんな副業があるのか”を知り、”どうすれば稼げるのか”ということを学べば、現実的な選択肢として”副業”が思い浮かぶはずです!

メルカリ不要品転売の例でいうと、
「メルカリ不要品で稼げる」
ということを知っていて、
「Amazonや近所のお店で安く仕入れて、メルカリでそれよりも高く売る」
という稼ぐための具体的なノウハウを知っていれば、こんな方法もあるよ!と友達に紹介できたでしょう。

というわけでまずは、
「どんな副業があるのか」
について次の記事で紹介します!

ブログ村ランキング参加中
応援クリックお願いします!
にほんブログ村 小遣いブログ 副業・副収入へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です