【主役は銭形2】銭形BIGでダブルライン揃い!さらに特化ゾーンのゼニガッツでは14コンボ達成で3桁乗せ!

銭形BIGでダブルライン揃い
こんにちは、ゆとりーまんです

今さらながら
「主役は銭形2」
初打ちしてきました。笑

差枚数管理タイプの台には
あまり良い印象がないんですが
今回はどうだったのでしょうか?

ブログランキング参加中!
応援クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

稼働内容

主役は銭形2 534G

ハマり台を見つけたので調べてみると、
どうやらギリギリ打てそうなライン。

せっかくなので
初打ちしてみることにしました^^

さっそく打ち始めると、
平和らしい擬似リール?の演出が発生。

これって何が楽しいんですかね?←え

文句を言いながら
打っている間に無事?天井到達。

おなじみの

タイプライター演出から
ART当選です!

本機のART「銭形BIG」は
7が揃うラインの数によって
初期ゲーム数が異なる仕様。

シングルなら150枚、
ダブルなら200枚、
トリプルなら300枚以上
のスタートとなるようです。

900Gを超えてから当選した場合は
ダブルライン以上が確定。

今回は天井当選なので・・・

もちろん
ダブルライン!

これで200枚スタートです^^

(最低150枚だからたいして変わらない気もするけどw)

さらに、
ART突入後すぐに引いた子役から

ゼニガッツに当選!

ゼニガッツは
主役は銭形の上乗せ特化ゾーンの一つ。

リプレイ以外の役でコンボ成立となり、
コンボが続くほど上乗せG数も増えていくという仕様で、
平均上乗せ枚数は約182枚となっています。

(ちなみに、銭形には他にも6つの特化ゾーンがあるらしい笑)

引き次第では大量上乗せにも
期待できる特化ゾーンですが・・・

ショボすぎワロタw

純増2.8枚なので、
実質上乗せゲーム数はたったの25G。。

まあこういうタイプの上乗せ特化ゾーンは
荒れやすいので仕方ないですね^^;

気を取り直して打ち進めると、
再び子役(チェリー?)から演出に発展し

次元を逮捕!

出てきたのは・・・

再びゼニガッツ

さっきの感じからして、どうせ今回も100枚くらいしか乗らないんだろうなー

と思いながら消化していくと・・・

まさかの爆乗せw

荒れるとは言ったけど、
10倍差はさすがに荒れすぎですね。笑

この上乗せのおかげで、
残り枚数が一気に1000枚超え!

その後は

カットイン演出が

ハズレたり

ルパン逮捕で

直乗せしたりと
初打ちをそれなりに楽しみ、
最終的な獲得枚数は・・・

END!

あ、しまった。

獲得枚数の表示画面を撮り忘れる
という「初打ちあるある」をやってしまったw

(僕だけですかね?笑)

なので、

自分でそれっぽく編集←

高確が確定している
25Gまで回してヤメです。

投資:799枚
回収:1533枚
差枚:+734

振り返り

思ったより出てくれたので楽しめましたが、
やっぱり差枚数管理の台は好きになれませんね。

ピュルルル!ドゴーン!

30枚!!

みたいなのばっかりで。笑

30枚って純増3枚の台なら
実質10G乗せですからね。。

その点、星矢は
火時計を押すだけで
100G以上の上乗せ。

・・・

やっぱり星矢やな!←

差枚数管理より
ゲーム数管理が好きな人は
火時計を押せ!!

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です